SSブログ

重い荷物もラクに!「マッスルスーツ」販売!! 東京理科大、イノフィス [国内]

東京理科大学と同大学発のベンチャー企業・イノフィス(東京都葛飾区)は11日、圧縮空気で伸縮するゴムチューブを使い、人や荷物を中腰で持ち上げる作業を補助する装着具「マッスルスーツ」の本格的な販売やレンタルを始めたと発表しました。
haru_ms.jpg
従来のモデルは装着に1分ほどかかるが、10秒でできる簡単な構造を実現したそうです。
開発した小林教授は記者会見で、「昨年から訪問入浴介護サービスや工場、物流施設向けに計約760台をモニター販売し、十分検証できた。腰の負担が3分の1に減るため腰痛を防ぐことができ、高齢者や女性も力が必要な作業ができる」と説明しました。
マッスルスーツは電動モーターではなく、網で包んだゴムチューブの「人工筋肉」を使用。5気圧の圧縮空気を注入すると太く短く変形する力を利用する。標準モデルはリュックサックのように背負うハの字形金属フレームに人工筋肉を左右2本ずつ配置。スイッチを入れると、ももに力が伝わって作業を補助するとのこと。
パワードスーツはモーターで筋力を補助する仕組みが一般的だが、「マッスルスーツ」は人工的に作った筋肉に圧縮空気を注入することで筋力を補助する仕組み。150グラムの人工筋肉で5キロのモーターと同じ筋力を得られるため、本体は5.5キロと従来のモデルよりも軽量化に成功。空気を使う仕組みなので、故障しても空気が抜けるだけで、電気を使うよりも危険性は少ないということです。
装着体験者は「動きがほとんど阻害されず気にならない」と使用感を話していたそうです。
主に介護や工場での作業などを想定しているが、中腰で荷物を持ち上げる農作物の出荷などにも使えるということで、テストを引き受けた栃木県のJAなすのでは、米袋の運搬などに装置を活用したようです。
本体の重さは5.5キロで補助力30キロを出力する通常モデルと、高齢者や女性向けの本体4.2キロで補助力23キロを出す2タイプを開発。イノフィスが販売し、価格は60万円。当面は法人向けで、レンタルが中心になるということです。
介護の仕事や農作業には、確かに役立ちそうですね。
どうしても中腰を長く続けたりして、足腰に負担をかけることが多いので。
でも、このコスチューム(?)を着て従事している介護施設を想像すると
SFドラマのように思えてしますのですが・・・。
従事者の負担が軽くなるなら、事業所には使用の検討をお願いしたいものです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます